fbpx
未分類

第三週目

1年で最も大きな有名なマラソンが

もうすぐ開催されますね!

東京マラソンです♪

2007年に始まった東京都で行われるマラソン大会。

毎年36,500人が東京の街を走るそうです♪

ランナーは抽選で選ばれるようですが

倍率は13倍だとか・・・。

すごいですね!!!

今回は、

「中国輸入で商品を仕入れてどこで販売したらいいの・・?」

というお悩み解決の鍵となる

販売手法のメリット・デメリットについて、お話していきます。

中国輸入物販ビジネスを始める際に、個人が販売する方法として主に「ネットでの販売」となります。

フリーマーケット等もありますが、「商売」として継続的に販売していけるのか?

と考えたときにやはり購入者が多いネット販売が最適となります。

ネットでの販売は主にECサイトと自社サイトの2種類です。

【ECサイトとは・・?】

集客やドメイン指定に関してもサイト運営側に行ってもらい、

他社のサイトに便乗し販売する方法

【自社サイトとは・・?】

独自のドメインを持ち、サイトを一から作成し販売できる方法

ECサイトは自社サイトに比べやることが少なく、

比較的早く実績がでるECサイトの種類の説明と

それぞれのメリットデメリットの説明をしていきます♪

【【オークション型】】

◆代表例:ヤフオク

売りたい金額・落札終了日の設定をします。

ヤフオクは1円から出品することができ、購入したいお客様同士で競り合ってもらうことも可能です。

キャッシュフローが早い!!なんでも売りやすい!!

のが特徴で最初にチャレンジするECサイトに適しています。

「売りたいものを売る」に特化しており、1つの商品に1人のお客様が購入するということです。

売れたら再度違う商品を出品しないと売り続けることとができないので手間がかかります。

■メリット:キャッシュフローが早い・1円から上限なしで販売できる

■デメリット:お客様とのやり取りや出品に手間がかかる

【【アマゾン型】】】

◆代表例:アマゾン

アマゾンはオフラインのイメージですが、「アマゾン巨大スーパー」のような場所に

商品を出し販売しているイメージです。

オークション型とショップ型の中間で、ショップ名をつけることができ、

出品し続けたり、商品ページを独自に作成することができます。

そのため「売れるものは売れる」という好循環を生み出すことができるのが特徴です。

ただショップ型と違って自分のショップから買いにくるのではなく、

あくまでもアマゾンという巨大モールにある商品として買いに来るため

リピートを作りにくいことや購入者リストがアマゾン側ににぎられてしまう、

またアカウントリスクが高いというのがあります。

■メリット:集客機能が優れている・独自のページをアマゾン内で作ることができる

■デメリット:リピーターが作りにくい・購入者リストが基本使えない・アカウント閉鎖リスクが高い

【【ショップ型】】

◆代表例:楽天・ヤフーショッピング

ショップ型はオフラインのイメージですが、

ショッピングモールに専門店を構え場所を借りて販売というイメージです。

場所を借りて販売を行うので事前に申請等が必要ですが、申請後は基本的に何でも販売可能です。

しかしそのような店舗が山のようにあるので、専門展開をしていくことがポイントとなります。

特に楽天は集客力があり、各運営サイトのポイント等が使えるので売りやすくなっています。

なのでショップ自体にブランド力がつけば、その他サイトで展開するときに非常に有利になります。

ただし逆に言うと大元の規約等に左右されてしまうので、

特に楽天等は固定費と売上手数料が結構取られてしまいます。

■メリット:集客力がある・特にポイントが使える為売りやすい

■デメリット:大元に収益が左右されてしまう

いかがでしたか?

まずはECサイトで販売を行いますが、どれを選ぶかが重要となります。

傾向を見ていると、

初心者はヤフオク

初中級者はヤフオク+ヤフーショッピング

中級者はアマゾン

という展開が良いかと思います。

※重要※

【【旧正月休みについて】】

1月のメルマガでお知らせしていました通り、

◆イーウーマート

休業日:1月18日~2月4日

中国側が旧正月に入る為、物流がストップしております。

通常作業で行っている、買付けや返品交換、セラーへの交渉など含め

中国側スタッフが行っている作業は完全ストップとなります。

また、休業日中に中国スタッフへご質問をいただきましても

返答いたしかねます。

休業日明けに順次ご対応させていただきますので、

予めご了承くださいませ。

なお会計は、日本側スタッフ「会員様やりとりもれチェック担当」が

行っておりますので入金関係は、【平日のみ対応可能】でございます。

【中国スタッフご紹介】

日々皆様の対応をさせていただいている

中国スタッフをご紹介致します♪

各担当者の顔を覚えてくれたら嬉しいです(^^)

◆イーウーマート担当:周(しゅう)

◆深センマート担当:金(きん)